MENU

円形脱毛症の種類・原因・対策・体験談

円形脱毛症 原因 治療

「円形脱毛症」という言葉は、多くの人が耳にした事があると思います。
文字通り、10円玉や500円玉のような小銭サイズのハゲが頭にできる事です。
円形脱毛症は、年齢、男女問わず誰にでも起こる可能性があります。

 

短髪の男性などは、外から見てすぐ分かりますが、髪の長い女性は中々気づきにくいかもしれません。
髪をかきあげたり、頭皮を触った時に手の感触に違和感を感じ、よく見てみたら円形のハゲがあったなんていう事もよくある事です。また自然に治る事も多いので、本人が気づかないまま、治っている事もあります。

 

円形脱毛症の種類

 

一般的に知られているのは単発型ですが、数種類の症状が存在します。

  • 単発型  小銭サイズの脱毛ができる。
  • 多発型  単発型の脱毛が複数ある。
  • 多発融合型  多数の脱毛斑が重なり地図のような形を作っている。
  • 蛇行型  後頭部から側頭部かけ、帯状に脱毛する。
  • 全頭型  頭部全体に脱毛が広がってしまう。
  • 汎発型  髪の毛だけでなく、眉毛、まつげ、わき毛など体中の毛が抜けてしまう。

 

円形脱毛症の原因

 

「ストレスではげる」なんて言葉はよく使いますが、円形脱毛症もストレスが引き金となって起こると言われています。私も多分ストレスと血行不良だと思います。

 

自己免疫疾患
 

ストレスが原因で免疫機能に障害が起きます。人間には細菌やウイルスから身を守る免疫機能がありますが、障害を起こすと自身の毛根を異物と間違え攻撃してしまうのです。攻撃された毛根は傷んでしまい、髪の毛が抜け落ちてしまいます。

 

血行不良

過度のストレスがかかると血管を収縮させてしまいます。血管が収縮すると血流が悪くなり、栄養を毛根まで運ぶことができなくなります。栄養がなければ髪は育ちませんので抜け落ちてしまいます。

 

円形脱毛症の対策

症状の軽い単発型の円形脱毛症は8割以上の人が時間とともに自然に治ると言われています。私は半年ぐらいかかりましたが自然に生えました(産毛は2ヶ月ぐらいして生えてきました)

 

実際に円形脱毛症を発症した事に気づかない人も多いそうです。ただし症状が悪化する事もあるので、気になる人は専門医の診察を受ける事をおすすめします。
近くに専門医がない場合は総合病院で症状を受付で伝えるか、皮膚科がおすすめです。

 

一つだけでなく次から次へと出てきたり広がるようならすぐ病院へ行きましょう

 

今の世の中ではストレスとは無縁の生活を送る事は難しい事です。またストレス解消の方法は人によって様々です。大切な事はストレスを解消するための時間、場所、方法をしっかりと作りストレスを溜め込まない生活を送る事です。

 

 


女性用育毛剤で抜け毛対策

女性 育毛剤 人気ランキング